Home > 料理アルバム

料理アルバム

初梅干し

Bonjour!

庭に末娘が2年前自分の息子の誕生を記念して植えた梅の木があります。2年経ってやっと1メートルあるか無いかの木です。そんな若い木に今年まさか梅の実が付くとは思いませんでした。美しい黄緑色の葉に混ざり、同じ色の2粒の実が付いていました。

初々しい梅を捨てる事もできず、たったの2粒ですが梅干しする事にしました。

梅雨が上がり日干しの時がきました。

1日目

3日目

やっと梅干しらしくなってきました。

今年は家で食べる梅干しを作る予定は無かったので大きなザルにたったの2個。

赤ちゃんのように柔らかな梅の表皮は塩漬けにした時にお互いがくっついてしまいそっと剥がした時片方だけ皮が破れてしまいました。

 

Mちゃんが成長した時、記念樹の梅干しを食べてもらえると嬉しいです♪

パンツァネッラ

Bonjour!

 

パンツァネッラは固くなったパンを美味しく再生した料理です。

今回使ったバゲットは美味しそう!と思って買ったのですが残念ながら好みの味ではありませんでした。とはいえ捨てることもできず思いついたのがパンツァネッラでした。

この料理はパンが主体ですが沢山の野菜を入れてちょっとだけ豪華にしてみました。

オイル漬けのアーティチョーク、ミニトマトとバジルを合わせプロシュートで一気にランチ風にしました。

美味しく作るコツは水でふやかしたパンに下味として酸を効かせること。無味だったバゲットがとても美味しく変身。

キュッと冷やし蒸し暑い今の季節に食欲を増してくれます。当日はフレッシュなトマトが爽やかであり翌日になればトマトの酸味が柔らかくなってその味も好きです。

グリンピースリゾット

Bonjour!

 

 

 

蒸し暑い梅雨時には目に鮮やかなグリーンが食欲をそそります。

たっぷりのグリーンピースはエビの出しでペースト状にしました。

上に乗せた海老はエストラゴンの刻みをまぶしてローストしたものです。

グリンピースは冬の豆使いとは違いさっぱりと仕上げ、海老も同様に甘い香りを持つエストラゴンで爽やかなリゾットにしました。

新玉葱のパスタ

Bonjour !

両手いっぱいの新玉葱スライス。

 

お鍋でじっくり炒めるとそれはそれは甘〜くなります。

茹で上がった太めのパスタを玉葱ソースに合わせます。クタッとした玉葱スライスはパスタに良く絡まります。

作り方も材料もシンプルですが美味しい!と思わず口から漏れてしまうほど。

新玉葱は飴色まで炒めなくても甘みと旨みが引き出され更に滑らかな口当たりです。

お茶漬けがおかずなしでもさらさらと美味しくいただけてしまうのとよく似ていて、この新玉葱のパスタも玉葱の旨さを最初から最後まで感じながら満足して食べ終わります。

簡単で美味しいお勧めの一品です!

スモークサーモンとアーティチョークの前菜

Bonjour!

 

 

 

数年前パリ商店街のお総菜屋さんで目を引いたのがサーモンの前菜。つやつやサーモンが魅力的でした。

もちろん即買い、ホテルでいただきました。

サーモンにナイフを入れるとトロリと卵黄が流れだし、底にはアーティチョークのマリネが敷かれていました。

この容姿がとても気に入り日本に帰ったら是非作ってみたくなりました。

そんな思いも込めて庭のアーティチョークとディルを育てていました。しかも同時期に収穫できる事を願ってです。

ディルは数年前から青々と茂りきれいな黄色の花を毎年咲かせています。あとはアーティチョークの蕾を待つばかりでしたが念願かない今年共に生ってくれました。

そして完成したのがこのサーモンとディルの前菜です。

見た目よりもずっと単純な構成で気を張らず楽しく作れます。その上好きな食材ばかり。

バゲットを添えロゼワインと共にいただきました。

パリに想いを馳せ、至福のランチタイムになりました。

 

 

収穫 アーティチョーク

Bonjour!

待ちに待ったアーティチョークに蕾が付きました。

大きな葉を両手いっぱいに広げいったいどこまで大きくなったら花が付くのかと気になっていましたがやっと4月に小さい蕾を付けてくれました。

 

脇にも小さい蕾が付いています。

 

 

黒く変色しやすい為レモン汁を入れた水の中に浸けながら作業し、柔らかくなるまで茹でます。

 

茹で上がりはマットな緑色です。

 

中心は美しい紫色の花が見えます。

蕾の内に刈り取らないと花が咲いて食べる部分がなくなってしまいます。

とはいえ花もとても綺麗です。

 

シンプルにアーティチョークのサラダ仕立てです。

スライスしたアーティチョークの果肉・マッシュルーム・ヘーゼルナッツ・インゲンを炒め合わせた物をいれました。

手をかけたわけではないのにここまで育ってくれてありがとう!という気持ちです。


 

フェタチーズのピッツァ

Bonjour!

 

 

 

先日のイチゴのガスパチョと併せてピッツァも作りました。

トマトソースではなく白いソースで見た目は爽やかです。
そしてパン生地は今お気に入りのカリッ、サクッタイプです。

白いソースはギリシャヨーグルトとフェタを混ぜたものです。その上にはオリーブの実と角切りフェタチーズを乗せてこんがり焼き、仕上げにプロシュートとルッコラを飾ります。塩気の効いたチーズとプロシュート、苦味のあるルッコラは大人のピッツァです。

ランチにはイチゴのガスパチョと合わせて、夜はワインのつまみにしましたがこの取り合わせは皆さまとシェアしたい程美味しかったです!

根菜とひよこ豆の煮込み クスクスと合わせて

Bonjour!

 

パリの街角のお惣菜屋さんは気取りなく、素材の旨味が伝わってくるような温かみのあるものが並びます。どれもこれもお持ち帰りをしてホテルでじっくり味わってみたいという気にさせられます。今夜は冷蔵庫内に使い残した野菜とひよこ豆とクスクスでフランスの家庭料理風に作ってみました。

わずか残った大根、蕪、茄子等をホールトマトと一緒に煮込み、ソーセージと鶏肉も入れてコクを出し、エスニックな香りを付けクツクツと煮込みました。

クスクスをお皿に盛り、煮込んだ具と汁をかけていただきました。この煮込み汁がクスクスに染み込みとっても美味しくパクパクと食べてしまいました。たいして手をかけた訳ではないのですが野菜のほろ苦さやひよこ豆の煮汁の甘味が一体となってクスクスに掛けるとスープとしていただくのとはまた違ったさっぱりだけれども味わい深い一品になりました。

クスクスはフランスではとてもポピュラーで、扱いも同量の熱湯をかけて少し蒸らせば簡単に戻ります。ご飯を炊くより手軽で結構使い勝手の良い食材です。

皆さまもお作りになってみては如何ですか。

12月 料理・菓子アルバム

Bonjour!

料理

* 野菜のタルト

* 鯛とイクラのカルパッチョ

* 牛肉のグリル・きのこソテー(お肉苦手な方はキングサーモンで代用)

* ナッツ入りアイスのモンブラン仕立て

* フルーツドリンク

* 私からのXmasプレゼント パンカップのアサリのホワイトシチュー

菓子

* クリスマスケーキ 和栗のモンブランタルト

* 試食 シュト―レン

 

 

 

 

 

生徒さまの傑作の数々をご覧下さい

 

 

 

 

クリスマス料理は堪能できましたか?

お盛り付けも各自で行い美味しそうに出来上がりました。特にデザートの「アイスのモンブラン仕立て」は皆様パテシェ気分でお作りになっていろいろのデザインがお披露目されました。その出来栄えは大したものでした。

お菓子部門「和栗のモンブランタルト」はただただ驚くばかりの凄腕パテシェ達!

初めてのデコレーションでどうしてこんなに上手に出来るのでしょうか!

それはきっと高みを目指さすようなお気持ちによるものでしょう。

絞り袋を手になさってからは一心不乱(エエイ ヤルゾーオッ!)のお姿が物語っていました。

皆さま本当に素敵でした!

楽しい楽しいクリスマスレッスンでした🎶

 

11月 料理アルバム

Bonjour!

中華料理

* じゃが芋とピーマンの炒め合わせ

* 海老団子の春雨餡かけ

* カシューナッツと鶏肉の炒め物

* ワカメともやしのスープ

* 黒糖風味の杏仁プリン タピオカ入り

* ざくろ酢ソーダ―

 

海老を贅沢に使ったボリューム満点のシコシコ団子、癖になるお味のジャガイモの炒め合わせ、じっくり揚げたカシューナッツの美味しさ発見、黒糖と杏仁プリンの意外な組み合わせに舌鼓、ワカメをいつも以上に美味しく感じられたスープ・・・さて皆さまはいかがでしたか?

Home > 料理アルバム

最近の投稿
月別アーカイブ

Return to page top